結婚式のメッセージは?

結婚式の最中に、友人や知人からメッセージを読み上げているのを聞いたことがありませんか?
結婚式に呼ばれても、急な都合があったりして参加できないという人もいます。
そんな人は、結婚式の会場に電報を送って新郎新婦にメッセージを送ります。

 

おめでたい場ですし、メッセージを送るのであれば細心の注意を払う必要があります
おめでたい場で使ってはいけない言葉は意外に多いので、電報を送る際はNGワードがないかをきちんと確認しておきましょう。

 

メッセージは感動的なものに!

招待してくれた人との間柄によって、メッセージは変える必要があります。

 

たとえば仕事関係の人であれば、そこまで砕けたメッセージを送ると失礼になってしまいます。
なのでお祝いの言葉を二行ほど送っておくと無難に済むでしょう。
仲の良い友人が相手であれば、お祝いの言葉と普段交わすようなメッセージを送るといいですね。

 

電報は形に残るものなので、感動的なメッセージを送るというのも新郎新婦に感謝されると思います。
行けなかった時の代わりのような存在なので、伝えたいことは全部電報に書いておきましょう。